2C+2Cで選ぶ - 婚約指輪をネットで購入しよう!

ダイヤモンドについて

2C+2Cで選ぶ

  • この記事をブックマークする
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • この記事をクリップ!

2C+2Cというのは、ダイヤモンドを選択するときに優先度を2段階にわけるという意味で、具体的にはCut(輝き)とCarat(重さ)の2Cを優先させ、Color(色)とClarity(透明度)の優先度を下げることを意味しています。

なぜこの2つを優先させたほうがいいかというと、Cut(輝き)とCarat(重さ)は素人でも違いがわかる評価基準ですが、Color(色)とClarity(透明度)は専門家でも特定の条件下(機材や場所など)でしか区別が出来ないほど難しい評価基準だからです。

たとえば、Colorでいえば最高ランクの「D」と最低ランクの「Z」を比較するとその違いは一目瞭然ですが、婚約指輪に使えるといわれている「G」と2つ上の「E]ではその差を(少なくてもサイト上では)認識することはできません。。。

Clarityも同様に一定レベル以上の差は分かりにくくなっているので、ダイアモンドと選ぶときには、CutとCaratを重視し(要はここにお金を掛ける)、ColorとClarityは予算に余裕があればグレードを上げていくという買い方がベターになります。

婚約指輪にお勧めのグレード

【Cut(輝き)】
 →VERY GOOD(ベリーグッド)以上

【Carat(重さ)】
 →0.3ct程度(Caratは予算次第って感じですね)

【Color(色)】
 →G、H以上

【Clarity(透明度)】
 →VS1、VS2以上

Caratだけは上限が凄いことになるのでこれが良い!と言えないのですが、良く選ばれているのは0.2~0.4ct前後になっているようです。

ダイヤモンドの4C

ダイアモンドのクオリティ

2C+2Cで選ぶ

ダイヤモンドの価格の成り立ち

ピンクダイアモンド

BRILLRANCE+について
Copyright © 2009- 婚約指輪をネット購入しよう! All Rights Reserved.