ダイヤモンドの4C - 婚約指輪をネットで購入しよう!

ダイヤモンドについて

ダイヤモンドの4C

  • この記事をブックマークする
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • この記事をクリップ!

ダイアモンドはG.I.A(米国宝石学会)が定めた品質評価国際基準に基づいて4C(「Cut(輝き)」「Carat(重さ)」「Color(色)」「Clarity(透明度)」)のコンビネーションで評価されています。

この基準はかなり厳密に行われているので、ダイヤモンドのバイヤーはの4Cの評価点を見た時点でそのダイヤモンドの善し悪しがわかるといいます。

リングとの組合せの問題や指輪を販売しているブランドの価値などといった付加価値もありますが、ダイヤモンド単体としては非常に評価が明確になっている宝石だと言っていいと思います。


ダイヤモンドの4Cのそれぞれの品質レベルは以下のようになっています。


ダイヤモンドは上記の統一した基準が明確に確立されているため、価格と品質が保たれているといえます。ダイヤモンドは厳しく品質評価されているということで、国際相場が存在します。それら国際相場が世界中のダイヤモンド取引での価格を決める基準となっています。

品質評価=ダイヤモンドの価値が成り立つのがダイヤモンドの特徴です。


ダイヤモンドの4Cについて詳しく説明は「ダイアモンドのクオリティ」で解説していきます。

ダイヤモンドの4C

ダイアモンドのクオリティ

2C+2Cで選ぶ

ダイヤモンドの価格の成り立ち

ピンクダイアモンド

BRILLRANCE+について
Copyright © 2009- 婚約指輪をネット購入しよう! All Rights Reserved.